topimage

2017-02

春2番(とは言わないらしいが) - 2017.02.20 Mon

ドリームチームのお泊り宴会で
しこたま呑んだくれ
二日酔いの軽い頭痛を抱えながらも
昨日、無事帰宅。
無事?
まぁ、軽く事件はあったが・・・
そんなこんなも含め
後日、後だし日記でご報告の予定。
コメントへのお返事もそれまでご容赦!

嵐のような暴風雨の中
本日はひたすら体力の回復に努めた。
だって、今週はがんセンターの定期検診があるのだもの。
おほほほほ。
一応、血液検査もするじゃない?
思いっきり、肝機能の数値が基準値超えてたら
若干、恥ずかしい。
だからって、それまで酒を断つなんて
軟弱なことはしないっ(きっぱり!)

電車にも乗っているし
読了本が増えている。

2017020680.jpg

あ、そうだ。
クソババから電話があって
友人と二人で今井浜に来るのだと・・・
だから、なんだって言うのだ?
行かんよ。
だって、その日は、がんセンターなんだもーーーん!
わっはっはっはっは。

ざまぁみさらせっ!
天は我に味方せり(天の声:知らん、知らん)


スポンサーサイト

春の便り - 2017.02.14 Tue

何年か前までは
確か、トリュフチョコレートを作って
周囲にばら撒いていたような気もするが
今年は2月14日が何の日か
全く気付かない自分になっていた。
いやぁ~、そうなっちゃうんだねぇ(爆笑)
食い気がなくなりつつある昨今
色気とか言ってる場合じゃないのである。

人間、色気よりも食い気だ。
きっぱり!



河津桜が一部で満開になったという知らせが飛び込んできた。
一足早く咲く伊東のヒカンサクラが散り始めたので
もうそろそろとは思っていたが・・・
南の桜(河津桜と同種)はどうかな?
早起きをして出かけてみる。

2017021519.jpg

南の桜は、南伊豆下賀茂温泉を流れる
青野川沿いに植えられた河津桜である。

本家の河津桜は、河津駅から徒歩圏内を流れる
河津川沿いに咲く。
こちらは全国的にも有名で
シーズンともなれば
観光バスが大挙して押し寄せ
露天が所せましと並ぶ。
人ごみが何より苦手なわたしのような者には
不向きな観光スポットである。

2017021521.jpg

それに比べ、南の桜は
最寄駅の下田から
バスで20分以上もかかる、というアクセスの悪さからか
河津桜ほどの混雑はない。
河原を自然のまま残しているので
露天も並ばない。

2017021526.jpg

時間をちょっとずらすだけで
この余裕である。
我が家から1時間半ほどの距離。

2017021528.jpg

花は満開にほんの少し及ばなかったが
日当たりの良い樹はご覧の通り。

2017021530.jpg

空の青さが素晴らしい。

2017021534.jpg

桜の樹の成長を見越して
一本一本離して植えたのだそうで
幼樹の頃は見栄えがしなかったが
今では、逆に見応えのある大木が多い。

2017021535.jpg

夜はライトアップがされ
流れの緩やかな青野川に
LEDの球を浮かべるらしい。
それはとても綺麗で幻想的だろう。
が・・・夜はなぁー(笑)

2017021541.jpg

とっても見辛いが・・・
ホオジロがいる。

2017021537.jpg

あ、夜はね、お酒を呑むから
車で出かけるのは、ちょっとね。
食い気が優先だから(笑)

2017021542.jpg

それに、何と言っても
人工的にショーアップされた桜より
自然に映える桜の方が
わたしはいいと思うわけ。

2017021543.jpg

早咲きの桜は
紅色が濃いのが特徴。

2017021546.jpg

背も低くて間近に花を愛でられる。

2017021550.jpg

普通のレンズで、ドアップが撮れるよ。

2017021552.jpg

河原に今度はツグミちゃん。
鳥がいるとついレンズを向けたくなる。

2017021557.jpg

今年は、ヒヨドリの群れやムクドリの群れも来ていて
蜜を吸うのに桜を花ごと落としてしまっているのが気になった。

2017021559.jpg

メジロ発見!

2017021560.jpg

正しい蜜吸いはこのようにします(笑)

2017021573.jpg

今年も逢えて嬉しかった!

2017021575.jpg

桜色のテンプルちゃんで!



珍しく振り返ってみた - 2017.02.13 Mon

親友のナオコが逝ってしまって丸8年。
それは、父も逝って8年ということだ。
二人は同じ年の2月と5月に亡くなった。

もう、あれから8年も経つのか・・・早いものだ。

あの年は、本当にいろんなことがあった。
1人遺されたクソババの相手をしに
足しげく横浜にも通った。

ストレスてんこ盛りだったよね(苦笑)

そして9月。
イレウス発症。
年末に北里に転院するまで
闘いの日々だった。
病気だけじゃなく、色んなものと闘わなければならなかった。
多分、人生の中で一番苦しい3か月だった。
ブログを読み返すと
よく頑張ったな~、と自分を誉めたくなる。

必要な3か月だったのか?と問われると
それはない。
もっと早く、原因が分かって手術に踏み切っていれば
あれほど苦しまずに済んだ。
例えば、イレウスの多くは
イレウス管を入れて保存療法をするのが一般的なのだとしても
1か月以上、液体以外全く通らない状態は
やはり異常と言わざるを得ない。
最近では10日以上閉塞が続く場合は
手術の検討が考えられるのだという。

そもそも、転院するのに
なんであんなに手間取るんだ?という
病院間のシステムに疑問を感じる。
乱暴なことを言えば
強引に退院して
相模大野辺りで救急車を呼んでしまえば
簡単だったわけだ。
結局、北里まで診察を受けに行ったのだから
リスクは変らなかったわけだしね。
そこまで悪知恵が回らなかった(笑)
もちろん、そんなことまでしなくちゃならないなんて
ばかげている。

イレウスの原因ががんの局所転移再発だったと分かって
また新たな闘いが始まったのは
明けて翌年からだった。

今週末、ドリームチーム(ナオコの夫が名づけた)の4人が集まる。
毎年恒例の泊りがけの呑み会である。
だんだん、ナオコを偲ぶ、というより
現在進行形の4人の近況報告会と
親睦会になってきた。
それでいいのだと思う。
だって、わたしたちは生きている。

分骨してもらったナオコの骨は
薄いピンク色をしていて
とても綺麗だ。


2017021205.jpg

寝ている熊楠の
たぶったぶのお腹の皮を
もにゅもにゅするのが好きだ。

2017021206.jpg

目を覚ました熊楠が
ぎゅーーーっとしてくれた。

2017021207.jpg

うんと幸せな気持ちになるんだよ。




原因究明 - 2017.02.12 Sun

今日は朝から元気である。
うーん・・・昨日のだるさは何だったんだろう?

そう言えば・・・ついこの間までわたしが
明け方に足がつる、と騒いでいたのを
覚えている方も多かろうと思う。
あれは本当に、病院へ行こうか?と思うほど
酷くなっていたのである。

様々な原因が考えられたが
冷静且つ客観的に状況を検証していくと
どうも膝から下の血行不良なのではないか、という
結論に達したのである。
脱水やミネラル不足を補っても尚
若干の改善はみられたものの
明け方になるとつっていたのだ。

もし、脳や神経系統に原因があるなら
明け方以外にもつるはずであるが
それは一切ない。
心臓に問題があっても同じことが考えられる。

で、気が付いたのが
わたしは必ず横臥
つまり左右どちらかを向いて寝ているのだが
つるのは決まって下にしている方の足である点だった。
右を下にしていれば右足が
左を下にしていれば左足がつる。
それもつるのはふくらはぎではなく
足の甲とすねだ。

ストマがあるので、俯せでは寝られない。
下痢なので仰向けに寝ると気色悪い。
それで横向きで寝るようになった。
横臥は人間の身体上、理にかなった寝姿らしいが
同じ姿勢で居続けることは
動物にとってあまり好もしいことではない。

痩せたことにも原因があるようだ。
血流が骨に圧迫されて滞ってしまうのだ。

これは頻繁に寝返りをうつしかない。
そう思いついて、枕を低くしてみた。
横臥用に高い枕を使っていたのである。
始めの数日は意識して寝返りをうった。
はい!大正解!
その日から、全く足がつることはなくなった。

うそみたい・・・

いやぁ~、こういうことってあるんだねぇ。
たかが、枕と侮ることなかれ。
同時期、友人が頸椎の故障で悩んでいたのが
枕を変えて低くしたら治ったと言っていた(笑)
びっくらこん。

ま、ひとつ解決したからいっか・・・

2017020697.jpg







やっぱ涙腺緩んでるかも - 2017.02.11 Sat

夕方までは普通に動けていたのに
3時を過ぎた頃から徐々に
倦怠感が忍び寄る。
だっりぃ~~~!
ベッドの上にごろっとしたら最後
今日中に起き上がることは出来ないだろうと思われた。

どうしようか迷ったが
なんとか耐えて起きていることを選んだ。
別に・・・意味はないんだけど・・・(笑)

ビールを一杯飲んだら復活したので
燃料切れか?(爆笑)
食欲もなかったから
どこかで不具合が生じていたのかも知れない。
若干、微熱もあった。
それがビールを呑んだ途端平熱に戻ったから不思議。
倦怠感も遠のいた。
やっぱり燃料切れ?



2017020649.jpg

金ちゃん、撮影させて!

いいけれども・・・

2017020652.jpg

わし、眠い・・・

2017020656.jpg

冬の陽だまりは、値千金ぢゃよ

2017020661.jpg

は・・・知性が零れてしまった・・・

2017020665.jpg

なんせ漢字で喋れる猫ぢゃからの

アトピーに悩まされながらも
まだまだ元気な14歳。
スコティッシュとしては
ものすごく頑張ってくれている。



先日、毎日覗いていた猫ブログのヒロインが
7歳で亡くなった。
保護された子猫のときから
たくさんの病を抱えていた。
それでも飼い主さんは介護し看護し
なにより愛情深く育んで
7年の月日を共に暮らしてこられた。
淡々と愛猫の最期を報告されているブログを読んで
涙が止まらなかった。

さよなら・・・そして、ありがとね、チーやん。



居座っている寒気 - 2017.02.10 Fri

東京や横浜では雪がちらついている、とのことだが
伊豆地方は晴れている。
東の空に雲が見えるので
あれが雪雲なのかな?という呑気さだ。
明日から連休で身動きが取れなくなりそうなので
今日のうちにジムへ行っておく。
週に一回くらいは身体を動かさないと・・・。
いや、2回は行きたいところなのだが
最近、行くまでが面倒で困る。
行動力の低下が著しい。

60を過ぎると、なんでも歳のせいにしたがるが
少し年長の友人で、とてもフットワークのいいひとがいる。
彼女を見ていると、歳は関係ないと思い知らされる。
先週までは海外でダイビングをしていたのが
明日は雪国へ温泉旅行ときたもんだ。
もちろん、健康だからこそ出来ること。
(ダイビング期間中は風邪気味だったらしいが)

それでも・・・
ポンコツもそれなりの動き方を模索していかなくちゃ、と思う。
やりたいことをやらなきゃ!



陽だまりの猫・・・吟編

2017020636.jpg

一見、むすっとしているようだが
これでも「あ、かあちゃんだ。あまえちゃおうかな?」と
思っているのは間違いない。
とてもそうは見えないだろうが・・・

2017020641.jpg

髭がぐにゃぐにゃなのは
いつも金ちゃんと一緒に寝ていて
金ちゃんに齧られているからだ。

2017020645.jpg

全体がピンクに見えたのは
パープルのマットの上にいるから。
小鳥のような声で「かまって、かまって」と
鳴いているんだけれど
顔はむすっとしたままに見えるのだった(笑)



夕方、アラレが降りだして
夜には雪になった。



ぶつぶつは今日も続く(笑) - 2017.02.09 Thu

東京には雪が舞ったらしい。
伊豆はずっと雨だった。
山の方では、もしかしたら雪かも知れない。

20170206101.jpg

陽だまりの熊楠。
埃高き漢(おとこ)

20170206100.jpg

なんでこんなに埃塗れなのか・・・
分かんな~い!

最近、身体が身軽になったせいで
高いところへも飛び乗れるようになり
思わぬ被害に遭うことが増えた。
もう一度、太らそうか・・・と本気で考えるバカ飼い主。
そーじゃないだろっ!!



先日、テレビで「モンスターペイシェント」による被害が
急増している、との話題が出た。
医療関係者へのアンケート調査によると
70%もの医療関係者が
モンスターペイシェント・・・つまり
怪物患者に遭遇している、という。

自己中心的で理不尽な要求をし
果ては、暴言や暴力行為にまで及ぶ、となれば
それは、大きな問題だろうと思う。

だが、わたしがこの15年関わった病院で
そういった患者はついぞ見かけたことがない。
それは、わたしの罹った科が
外科だったからかも知れないし
(外科は手術されるか、された後の患者がほとんど。
自分がどこか切られるのに
喧嘩を売るほど度胸のあるやつはいないだろう(笑))
キャンサーが多かったからかも知れない。
(がん患者はある意味、自分のことでいっぱいいっぱいで
モンスターになる余裕がない)

待ち時間が長すぎるとクレームを言う人は
日常的にいるが
入院を経験すると
大抵の人は大人しくなる。
病院のシステムを理解するからだろう。

が、逆に毒ター(勝手に造語してみた(笑))や
・・・はっきり言おう、「くそ」な医者は
テンコ盛りに見た。
「言い方っ!」と思ったことは数えきれない。

患者様などと様をつけて呼んでもらわなくて結構。
思ってもらわなくていい。
だが、医療に携わる者として
最低限わきまえて置くべき患者への心配りは
在って然るべきだと考える。
自分が逆の立場だったら、という想像力は
ひととして社会人として必要不可欠なものだ。

いちいち例を挙げるまでもなく
わたしのブログを読み返してみれば
「なんだ?お前は?」と言いたくなるような医者が
ゴロゴロ出てくる。

多分、わたしをモンスターペイシェント呼ばわりしている医者も
いるかも知れないと思いつつ(笑)
「くそ」医者の心無い一言に傷つき
心ふるわせて泣いている患者の声も
取り上げろよ、マスコミっ!と思った。

ちゃんとしたドクターもいるってことは
「くそ」医者はちゃんとしていない。
そして、運悪く「くそ」に当たってしまった患者は
それこそ泣き寝入りか
医療の迷い子になってしまうのだ。
それがキャンサーだと、取り返しがつかない。

そんな実例を見かけたので・・・

ちゃんとした医者もいるよ!と
教えてあげたいなぁ。





ぶつぶつ - 2017.02.08 Wed

メイプルキッドさんがめでたく退院しました!
皆さん、応援ありがとうございました。
この後、病理検査の結果を待たねばなりませんが
ひとつクリアーです。
まずはめでたし!




ちょっと気になるニュースがあった。
某コンビニに設置された防犯カメラに
万引き犯と思しき怪しげな行動をとる
若い男性の画像が認知された。

なんでも全国の小売商における万引き総被害額は
毎日12億円にものぼるそうだ。
コンビニでも1店舗につき
年間50万円以上の被害があるという。
経営者にとって、万引き対策は切実な問題なのだ。

で、そのコンビニでは
画像をプリントアウトして
店内に貼りだした。
「万引き犯です」というタイトルをつけて。
この店では以前にも同じような貼り紙を公開していた、という。

ええええええ?

いや、これは明らかに、名誉棄損である。
犯罪行為だ。
「皆さんはどう考えますか?」といった
悠長な話題ではない。

例え、画像の男性が真に万引き犯だったとしても
自衛のために第三者を犯罪者だと決めつけ
公開することは法律に反しているのだ。

ここで注意すべきは
容疑者を犯人と決定するのは
裁判所以外の何者でもない、ということだ。
(因みに警察でさえない)
まして、罰を与える権利は
厳密に裁判所のみにある。

何故なら、日本は法治国家なのだ。
私刑(リンチ)は憲法によって禁じられている。

万引きは窃盗行為である。
もちろん犯罪だ。
許されるべきことではない。
が、それと同等に私刑も決して許されることではないのだ。

最近、私刑を「仕方がない」とする風潮が
強まっているように感じられてならない。
怖ろしいことだと思う。

じゃあ、万引きされる方は泣き寝入りか?
いや、その問題はまた別の話だ。
古今東西、小売り商は万引きに悩まされてきたはず。
予防対策に色々工夫している業者もある。

とにかく・・・
今回、コンビニがとった行動はリンチだよ、ということ。
因みに、今度万引き画像を見つけたら公開します、というのも
脅迫罪だよ、ということ。

自分たちが誰かを罰する権利を持っている、と
勘違いするのは、とても危険だ。






映画を観に行く - 2017.02.07 Tue

「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」
ティム・バートン監督お得意のネタらしいが・・・
前回、彼の作品を観たのは
「アリス・イン・ワンダーランド」で
その時には、感じなかった世界観を
今回は堪能出来たので良かった。
映画は子供向けにも作られているから
大人として物足りない部分もあるが
根底に流れるテーマは
大人だからこそしっかり掴んでおきたい。

原作も面白そう。

主人公役のエイサ・バターフィールドが
「ヒューゴの不思議な発明」のヒューゴを演った子で
成長していて気が付かなかったくらい。
驚いた。
エヴァ・グリーンは相変わらず綺麗だった。
え?斉くんと同じ歳?
うっそ~~~~!(爆笑)

2017020682.jpg

あたしとおなじ、びまじょね・・・


毛を剃ったら皺だらけだったりして・・・ぎゃはははは!


動きのないモデルから - 2017.02.06 Mon

カメラの先輩(因みに歳はかなり若い)に
「もっとデジイチを使えばいいのに・・・」と
何度も忠告を受けていたのだが
便利さと手軽さに負けて
コンデジばかりで写真を撮っていた。

立て続けに受けた手術で体力がなくなり
重いカメラやレンズを持ち歩くことがしんどくて
つい買ったコンデジだった。
これが存外よく撮れるので
デジイチは、ここぞという時の撮影以外
出番がなくなってしまったのである。

が~~~~~
そんなわたしに天罰が下る。
どっかーーーーーん!!

カメラやレンズは使わないとダメになる。
カメラ界では常識のことどもが
わたしのカメラたちにも起こったのである。
あ~んなところにカビ生えた。
こんなとこにもカビ生えた~♪
唄っている場合じゃない。

レンズはカビが生えたら、使い物にならなくなる。
しかし、じゃあ、捨てちゃえ、というわけにはいかない。
だって、ものすご~く高かったんだもの(わたしには)
幸い、買うお金の10分の1くらいの修理費で
なんとか元に戻ったものの・・・
同じ失敗を繰り返すことが
死ぬほど嫌いなわたしには
その管理維持が負担となってきたのだった。

それって、どーよ!
好きで買ったんじゃなかったんかいっ。

まだ、びびっていて
食卓に持ち出す勇気はないが
(我が家の食卓は猫が縦横無尽に歩き回る。
しかも、猫と同じくらい人間もがさつで
いつ何時、液体・・・主にアルコール
油がそこらへん中に飛び散るか分からない
デンジャラスゾーンなのだ。わっはっは!)
せめて、毎日猫写真くらいは撮るべーと
心に固く誓ったのであった。

ま・毎日は無理でも・・・
大きく出ると後で自分の首を絞めることになるからね(苦笑)

2017020618.jpg

足袋大先生・・・モデルお願いできますか?

え?わしこれからねるとこだけど・・・

2017020621.jpg

あ、お手間は取らせません。
じっとしていてくれるだけで、いいんで・・・へへへへ。

ん~~~、どうしようかなぁ

2017020623.jpg

どうしようかなって、どうせ寝るんでしょ?

あーーー、そういうたいどでくるわけね

2017020625.jpg

いや、そういうつもりじゃないんですが・・・
(って、面倒くせぇジジイだな・・・こいつ)

あれ?なんかきこえたぞ

2017020626.jpg

またまたぁ~、空耳ですってばぁ~~!
(ちっ、勘だけは働くのな)

なんかわるくちいわれてるきがする・・・

2017020629.jpg

よ!足袋大先生、日本一っ!

そ?てへっ

良かった・・・根が単純で・・・


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

伊豆まりりん

Author:伊豆まりりん
在るがままに・・・

当ブログの画像はクリックすると拡大して見られます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する